古語:

思さるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼさ-・る 【思さる】

分類連語


〔「る」が自発の意の場合〕自然お思いにならずにはいられない。


出典源氏物語 桐壺


「せむかたなく悲しうおぼさるるに」


[訳] (帝(みかど)は)どうしようもなく悲しくお思いにならずにはいられないので。


〔「る」が可能の意の場合〕お思いになることができる。


出典源氏物語 夕顔


「かばかりのすさびにても過ぎぬべきことを、さらにて過ぐしてむとおぼされず」


[訳] (夕顔とのことは)それだけの気まぐれとしても終えてしまえることを、とてもそのままですませてしまおうと(源氏は)お思いになることができない。


〔「る」が尊敬の意の場合〕お思いになる。思っていらっしゃる。


出典更級日記 竹芝寺


「いみじうゆかしくおぼされければ」


[訳] (帝(みかど)の姫君は)たいそう知りたくお思いになったので。


参考

中古では大半がの用法。は、下に打消の表現がくる。は中古末期からの用法で、敬意が薄れてふつうの敬語表現として、中世以降に多く用いられた。


なりたち

四段動詞「おぼす」の未然形+自発・可能・尊敬の助動詞「る」








思さるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思さるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思さるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS