古語:

思し入るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼし-い・る 【思し入る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


深く心に思い込みなさる。▽「思ひ入る」の尊敬語。


出典源氏物語 朝顔


「おとどはあながちにおぼしいらるるにしもあらねど」


[訳] (源氏の)大臣は無理に深く心に思い込みなさるわけではないけれど。


[二]他動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


深くお考えになる。▽「思ひ入る」の尊敬語。


出典源氏物語 少女


「人やいかが思はむとも、深くおぼしいれず」


[訳] (雲居雁(くもいのかり)は)他人がどのように思おうとも、深くお考えにならないで。








思し入るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思し入るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思し入るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS