古語:

思し分くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼし-わ・く 【思し分く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


判断なさる。理解なさる。▽「思ひ分く」の尊敬語。


出典源氏物語 柏木


「宮はさしもおぼしわかず」


[訳] (女三の)宮はそれほどには(似ていると)判断なさらず。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


[一]に同じ。


出典源氏物語 蜻蛉


「六条院の御ため、紫の上などみなおぼしわけつつ、御経仏など供養せさせ給(たま)ひて」


[訳] 六条院の御ため、紫の上(のため)など、あれこれ判断なさりながら、御経や仏など供養をなさって。








思し分くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思し分くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思し分くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS