古語:

思し合はすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 思し合はすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼし-あは・す 【思し合はす】

他動詞サ行下二段活用

活用{せ/せ/す/する/すれ/せよ}


お考え合わせになる。▽「思ひ合はす」の尊敬語。


出典源氏物語 明石


「さとしのやうなることどもを、来(き)し方行く末おぼしあはせて」


[訳] (源氏は)神の啓示のようなことを、過去未来にわたってお考え合わせになり。


(あれこれ考えて)、思い当たりなさる。▽「思ひ合はす」の尊敬語。


出典今鏡 村上源氏


「やんごとなき水ぐきの跡も、今やおぼしあはすらむ」


[訳] ご立派な筆跡も、今は思い当たりなさっているだろう。








思し合はすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思し合はすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思し合はすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS