古語:

携はるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たづさは・る 【携はる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


手を取り合う。


出典万葉集 九〇四


「夕星(ゆふつづ)の夕べになればいざ寝よと手をたづさはり」


[訳] 夕方の星の出る夕べになると、さあ寝なさいと手を取り合い。


連れ立つ。


出典万葉集 三九九三


「思ふどち馬うち群れてたづさはり」


[訳] 親しい仲間が馬に乗って集まり連れ立ち。


かかわり合う。関係する。


出典徒然草 一六七


「一道にたづさはる人」


[訳] 一つの専門の道にかかわり合う人。









携はるのページへのリンク
「携はる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

携はるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




携はるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS