古語:

河竹黙阿弥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 河竹黙阿弥の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

河竹黙阿弥

分類人名


(一八一六~一八九三)江戸時代末期・明治時代の歌舞伎(かぶき)狂言作者。本名、吉村新七。五世鶴屋南北(つるやなんぼく)に師事、河竹新七を襲名した。盗賊をあつかった白浪(しらなみ)物の「三人吉三(きちざ)廓初買(くるわのはつかい)」「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」などを書いて人気を博し、歌舞伎界に活躍した。のち引退して黙阿弥を名乗った。



河竹黙阿弥

⇒河竹黙阿弥(かはたけもくあみ)









河竹黙阿弥のページへのリンク
「河竹黙阿弥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

河竹黙阿弥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




河竹黙阿弥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS