古語:

浴むすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あむ・す 【浴むす】

[一]他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


浴びせる。入浴させる。


出典万葉集 三八二四


「さし鍋(なべ)に湯沸かせ子ども櫟津(いちひつ)の檜橋(ひばし)より来む狐(きつ)にあむさむ」


[訳] 柄のついた鍋に湯を沸かせ、皆さん、櫟津の檜橋を通って来ようきつねに浴びせよう。


[二]他動詞サ行下二段活用

活用{せ/せ/す/する/すれ/せよ}


[一]に同じ。「あみす」とも。


出典夜の寝覚 二


「姫君に湯などあむせたてまつる」


[訳] 姫君に湯を浴びせ(=入浴させ)申し上げなどする。








浴むすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

浴むすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




浴むすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS