古語:

灰後るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はひ-おく・る 【灰後る】

分類連語


紫色を染めるのに使った椿(つばき)の灰の効力がなくなり、紫の色があせる。


出典源氏物語 末摘花


「紫の紙の、年経(へ)にければはひおくれ古めいたるに」


[訳] 紫色の紙で、年がたったので紫色があせて古ぼけたのに。








灰後るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

灰後るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




灰後るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS