古語:

灰差すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はひ-さ・す 【灰差す】

分類連語


紫色を染めるのに椿(つばき)の灰を加える。


出典万葉集 三一〇一


「紫ははひさすものそ(=序詞(じよことば))海石榴市(つばきち)の八十(やそ)の衢(ちまた)に逢(あ)へる児(こ)や誰(たれ)」


[訳] 紫染めには椿の灰を加えるが、その名をもった海石榴市(つばいち)(=地名)の四方に通じる別れ道で、会ってたあなたはどなたでしょう。








灰差すのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

灰差すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




灰差すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS