古語:

狭にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せ-に 【狭に】

分類連語


狭く感じるほどに。ふさがるくらいに。いっぱいに。▽「…も狭に」の形で用いる。


出典千載集 春下


「吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな」


[訳] 吹いてくる風に対して、吹いて来てくれるなとさえぎりとめる勿来(なこそ)の関だと思うのだけれども、その名とは裏腹に風が吹いて、この関には道いっぱいに山桜が散っていることだ。


なりたち

形容詞「せし」の語幹+格助詞「に」








狭にのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

狭にのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




狭にのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS