古語:

瞬くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-じろ・く 【瞬く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


まばたきをする。


出典今昔物語集 二〇・三


「仏に向かひて、目をもまじろかずして」


[訳] 仏に向かって、目をまばたきもしないで。



ま-たた・く 【瞬く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


まばたきをする。


出典堤中納言 はいずみ


「目のきろきろとして、またたきゐたり」


[訳] 目がきょろきょろとして、まばたきして座っていた。


(灯火が今にも消えそうに)明滅する。


出典源氏物語 夕顔


「火は、ほのかにまたたきて」


[訳] 火は、わずかに明滅して。


やっと生き長らえている。


出典源氏物語 玉鬘


「冥途(よみぢ)のほだしにもてわづらひ聞こえてなむまたたき侍(はべ)る」


[訳] あの世への障害として、どうお扱い申し上げてよいやらわからないままに、やっと生き長らえております。◆目(ま)叩(たた)くの意。「まだたく」とも。








瞬くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

瞬くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




瞬くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS