古語:

草結ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くさ-むす・ぶ 【草結ぶ】

分類連語


草を結び合わせる。▽上代、旅の安全や男女の結びつきを願ったり、吉凶を占ったり、道しるべとしたり、旅寝の枕にしたりするために結んだ。旅寝する意もあるとする説もある。


出典万葉集 三〇五六


「妹(いも)が門(かど)行き過ぎかねてくさむすぶ風吹き解くなまたかへり見む」


[訳] 愛する彼女の家の門の前を通り過ぎることができないで、(二人の結びつきを願って)草を結ぶ。風よこれを吹き解くな、またかえってきて見るつもりだ。








草結ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

草結ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




草結ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS