古語:

草枕の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くさ-まくら 【草枕】

名詞

旅の枕(まくら)。仮寝の床。旅寝。旅。「草の枕」とも。▽旅での野宿で、草を結んで作った枕。転じて、旅寝そのものや旅をもいう。


出典大和物語 一四〇


「くさまくらちりはらひにはからころもたもとゆたかに裁(た)つを待てかし」


[訳] 仮寝の床のちりを払うためには、唐衣(からころも)をたもとゆたかに裁って縫うまで待ってくださいね。



くさ-まくら 【草枕】

分類枕詞


旅にあっては草を結んで枕とし、夜露にぬれて仮寝をしたことから「旅」「旅寝」や同音の「度(たび)」、地名の「多湖(たご)」、草の枕を「結(ゆ)ふ」から「夕(ゆふ)」、夜露にぬれるから「露」、仮寝から「かりそめ」などにかかる。


出典万葉集 一四二


「くさまくら旅にしあれば」


[訳] ⇒いへにあれば…。









草枕のページへのリンク
「草枕」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

草枕のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




草枕のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS