古語:

草庵の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さう-あん 【草庵】

名詞

草ぶきの粗末な庵(いおり)。草の庵。


出典方丈記 


「今、さうあんを愛するも、咎(とが)とす」


[訳] 今、(自分の住む)草ぶきの粗末な庵を気にかけて執着するのも、(仏道では)罪となることである。


参考

中世、俗世を捨てて、京都周辺に草庵を営み、仏道に励んだ人たち(=隠者)の中から、特色ある随筆や和歌文学が生み出された。









草庵のページへのリンク
「草庵」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

草庵のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




草庵のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS