古語:

あきすずしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あきすずしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきすずし…

分類俳句


「秋涼し手ごとにむけや瓜(うり)茄子(なすび)」


出典奥の細道 金沢・芭蕉(ばせう)


[訳] おもてなしに出していただいた新鮮なうりやなすを、皆さん、めいめいで皮をむいてごちそうになろうではないか。こうしていると、残暑も忘れて、秋の涼しさが感じられる。


鑑賞

金沢滞在中、斎藤一泉(さいとういつせん)の草庵に招かれたときの作。俳人仲間とのくつろいだ交遊を思わせる軽い即興の句。季語は「秋涼し」で、季は秋。








あきすずしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あきすずしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あきすずしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS