古語:

あきのたのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あきのたのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきのたの…

分類和歌


出典百人一首 


「秋の田のかりほの庵(いほ)の苫(とま)を粗(あら)みわが衣手(ころもで)は露(つゆ)に濡(ぬ)れつつ」


出典後撰集 秋中・天智天皇(てんぢてんわう)


[訳] 秋の田の刈った稲穂の番をする仮の小屋の屋根は、苫の編み目が粗いので、そこに泊まる私の衣の袖(そで)は、夜露に濡れてかわくひまもないことである。


鑑賞

「かりほ」に「仮庵(かりほ)」「刈(か)り穂(ほ)」をかけている。また、『万葉集』には「秋田刈る仮庵(かりほ)を作りわが居(を)れば衣手寒く露ぞ置きける」という読み人知らずの歌がある。



あきのたの…

分類和歌


「秋の田の穂(ほ)の上(へ)に霧(き)らふ朝霞(あさかすみ)いづへの方(かた)に我(わ)が恋(こ)ひやまむ」


出典万葉集 八八・磐姫皇后(いはのひめのおほきさき)


[訳] 秋の田の稲穂の上にかかって晴れ間のない朝霧(あさぎり)のようにいつになったら私の恋(こい)は消えていくのだろうか。


鑑賞

万葉集の時代は「霞」と「霧」とは区別して使われることはなかった。磐姫皇后は仁徳天皇の皇后。上三句は序詞(じよことば)。秋の田一面に低くかかって晴れることのない朝の霧が、相手を待ち続けて夜を明かした作者の心中を象徴している。この歌は磐姫皇后に仮託した(=かこつけた)、奈良時代の作かとも言われている。








あきのたののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あきのたののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あきのたののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS