古語:

あきふかきの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あきふかきの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきふかき…

分類俳句


「秋深き隣(となり)は何をする人ぞ」


出典笈日記 俳諧・芭蕉(ばせう)


[訳] 旅の宿りのうちに秋はいよいよ深まってゆく。ひっそりとした隣家は一体どんな生活をしている人なのだろうか。


鑑賞

この句は芭蕉(ばしよう)の最晩年の作。孤独感が表されているが、人恋しさという、他者に対する心の広がりを感じさせる句でもある。季語は「秋深し」で、季は秋。









あきふかきのページへのリンク
「あきふかき」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あきふかきのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あきふかきのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS