古語:

あきやまのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あきやまのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきやまの…

分類和歌


「秋山の黄葉(もみぢ)を茂み迷ひぬる妹(いも)を求めむ山道(やまぢ)知らずも」


出典万葉集 二〇八・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)


[訳] 秋の山に美しく色づいた木の葉がいっぱい茂っているので、迷い込んだ妻を探そうにも、その山道がわからないことよ。


鑑賞

妻の遺体を秋の山に葬ったときの歌で、妻は山中をさまよっているのだという、古代信仰的な気持ちの表現となっている。



あきやま-の 【秋山の】

分類枕詞


秋の山が美しく紅葉することから「したふ(=赤く色づく)」「色なつかし」にかかる。


出典万葉集 二一七


「あきやまのしたへる妹(いも)」


[訳] 赤く色づいた(ように美しい)あの娘。









あきやまののページへのリンク
「あきやまの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あきやまののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あきやまののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS