古語:

あきととせの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あきととせの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきととせ…

分類俳句


「秋十とせかへって江戸を指す故郷(こきやう)」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 故郷を離れ、望郷の念を抱きながらこの江戸に暮らして十年の秋を重ねてきた。今また風雅の旅に出ようとすると、仮の住まいであったその江戸も、故郷のように懐かしく思われてくることだ。


鑑賞

貞享(じようきよう)元年(一六八四)八月、江戸を出発する折の『野ざらし紀行』旅立ちの句。唐の賈島(かとう)の詩「桑乾(そうかん)を渡る」の一節をふまえている。季語は「秋」で、季は秋。








あきととせのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あきととせのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あきととせのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS