古語:

あきかぜやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あきかぜやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきかぜや…

分類俳句


「秋風やむしりたがりし赤い花」


出典おらが春 俳文・一茶(いつさ)


[訳] 死んだわが子の墓参りの途中、赤い花が秋風に揺られ道ばたに咲いている。子供がよくむしりたがったあの花だ。


鑑賞

秋の沈んだ色調の中に、亡き子が好んだ赤い花を見て、悲しみを新たにして詠んだもの。季語は「秋風」で、季は秋。



あきかぜや…

分類俳句


「秋風や藪(やぶ)も畠(はたけ)も不破(ふは)の関」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 不破の里に来てみると、そこには物寂しく秋風が吹き渡っている。古来名高いあの不破の関跡は、今やただ藪や畑が広がるばかりで、遠い昔の幻のように思われることだ。


鑑賞

藤原良経(ふじわらのよしつね)の「人住まぬ不破の関屋の板廂(いたびさし)荒れにしのちはただ秋の風」(『新古今和歌集』)〈⇒ひとすまぬ…。〉をふまえている。上代三関の一つである「不破の関」は、平安時代にはすでに荒廃していた。季語は「秋風」で、季は秋。








あきかぜやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あきかぜやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あきかぜやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS