古語:

貝合はせの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かひ-あはせ 【貝合はせ】

名詞

平安時代の遊戯の一つ。左右の二組に分かれ、双方から珍しい貝、美しい貝を出し合って、その優劣を競う。


遊戯の一つ。三百六十個のはまぐりの貝殻を二分し、片方を地貝として並べ、もう一方を出し貝として一個ずつ出して地貝と合わせ、合った数の多い者を勝ちとする。平安時代末期から江戸時代にかけて、女性の間で盛んに行われた。「貝覆(かひおほ)ひ」とも。








貝合はせのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

貝合はせのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




貝合はせのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS