古語:

負くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま・く 【負く】

[一]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


負ける。敗れる。


出典徒然草 一一〇


「勝たんと打つべからず、まけじと打つべきなり」


[訳] (すごろくは)勝とうと(思って)打ってはならない、負けまいと(思って)打つべきである。


気がひける。ひけめを感じる。


出典土佐日記 一・四


「にぎははしきやうなれど、まくる心地(ここち)す」


[訳] 景気がよいようだが、(返礼もろくにできないで)気がひける感じがする。


相手の主張に従う。譲る。


出典竹取物語 火鼠の皮衣


「まことならめと思ひて、人の言ふことにもまけめ」


[訳] 本物だろうと思って、人の言うことにも従おう。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


値引きする。まける。


出典胸突 狂言


「そのわび事に、今までの利分(りぶん)をばまけておまさうぞ」


[訳] そのおわびに、今までの利息分をまけてさしあげよ。◆[二]は近世語。








負くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

負くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




負くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS