古語:

邪見なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じゃけん・なり 【邪見なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


よこしまだ。不正だ。


出典霊異記 上


「天年(ひととなり)じゃけんにして三宝を信(う)けず」


[訳] 人柄はよこしまであって、仏を信じない。


思いやりがなく、無慈悲だ。残酷だ。


出典太平記 一八


「申すも余りにじゃけんに情けなく候へども」


[訳] 言うのも余りに思いやりがなく、無慈悲で情けがないことですが。◆近世以後は「邪慳なり」「邪険なり」とも書く。








邪見なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

邪見なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




邪見なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS