古語:

隠し題の意味

ゲストさん 辞書総合TOP
古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かくし-だい 【隠し題】

名詞

和歌で、題として出した事物の名を、それとわからないように隠れた形で詠み込むこと。


参考

「あしひきの(=枕詞(まくらことば))山たちはなれ行ゆく雲の宿(やど)りさだめぬ世にこそ有りけれ」(『古今和歌集』)〈今までかかっていた山を離れてただよって行く雲のように定まることのない世の中であったことだなあ。〉には「橘(たちばな)」が隠されている。⇒物(もの)の名な


分類文芸








隠し題のページへのリンク
「隠し題」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

隠し題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




隠し題のページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2024 Printed in Japan

©2024 GRAS Group, Inc.RSS