古語:

髻切るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もとどり-き・る 【髻切る】

分類連語


髻(もとどり)(髪の根もと)の部分から髪を切ること。転じて、仏門に入ること。出家をすること。


出典平家物語 一〇・横笛


「滝口十九にて菩提心をおこし、もとどりきりて、嵯峨(さが)の奥、往生院(わうじやうゐん)といふ所に、行ひすましてゐたりけるに」


[訳] 滝口(時頼(ときより))は十九歳の時に悟りを求めようとする心を起こし、髪を切り出家をして、嵯峨の奥にある「往生院」という所で、修行に専念していたところ。








髻切るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

髻切るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




髻切るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS