古語:

鳥追ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とり-おひ 【鳥追ひ】

名詞

農家の年中行事の一つ。正月十五日の早朝、害鳥や害虫を追い払うために、若者が棒を打ち歌いながら家々を回る。


江戸時代、編み笠の女芸人が正月に家々を回り三味線を弾いて鳥追い歌を歌い、金銭を請うたもの。また、その女芸人。








鳥追ひのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

鳥追ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




鳥追ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS