古語:

世間胸算用の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「世間胸算用」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/151件中)

分類連語人の気配がない。だれもいない。出典世間胸算用 浮世・西鶴「いづかたの道場にもひとぎれなく」[訳] どこのお寺にも人の気配がなく。
分類連語人の気配がない。だれもいない。出典世間胸算用 浮世・西鶴「いづかたの道場にもひとぎれなく」[訳] どこのお寺にも人の気配がなく。
名詞①世間への聞こえ。世間体(てい)。②名誉。面目。出典世間胸算用 浮世・西鶴「一門の広きほどぐゎいぶんに見えける」[訳] 一族が多いほど、名誉に見えるのだった。
名詞①世間への聞こえ。世間体(てい)。②名誉。面目。出典世間胸算用 浮世・西鶴「一門の広きほどぐゎいぶんに見えける」[訳] 一族が多いほど、名誉に見えるのだった。
名詞①世間への聞こえ。世間体(てい)。②名誉。面目。出典世間胸算用 浮世・西鶴「一門の広きほどぐゎいぶんに見えける」[訳] 一族が多いほど、名誉に見えるのだった。
名詞手落ち。手ぬかり。出典世間胸算用 浮世・西鶴「何がさて、じょさいは御座らぬ」[訳] 何がさてどうなっても手落ちはございません。
名詞手落ち。手ぬかり。出典世間胸算用 浮世・西鶴「何がさて、じょさいは御座らぬ」[訳] 何がさてどうなっても手落ちはございません。
名詞手落ち。手ぬかり。出典世間胸算用 浮世・西鶴「何がさて、じょさいは御座らぬ」[訳] 何がさてどうなっても手落ちはございません。
名詞①筋道。条理。②家柄。血筋。素性(すじよう)。出典世間胸算用 浮世・西鶴「さのみすぢめいやしからぬ人なれども」[訳] それほど血筋の悪くはない人であるが。
名詞①筋道。条理。②家柄。血筋。素性(すじよう)。出典世間胸算用 浮世・西鶴「さのみすぢめいやしからぬ人なれども」[訳] それほど血筋の悪くはない人であるが。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS