古語:

十二因縁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「十二因縁」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~4/4件中)

名詞十二因縁の一つで、真理に暗く、無知に迷うこと。煩悩の根本をなすものとされる。◆仏教語。
名詞十二因縁の一つで、真理に暗く、無知に迷うこと。煩悩の根本をなすものとされる。◆仏教語。
名詞仏の教えによらず独力で「十二因縁(じふにいんねん)」を悟った聖者。悟りの段階としては、菩薩(ぼさつ)の下、声聞(しようもん)の上。◆仏教語。
名詞仏の教えによらず独力で「十二因縁(じふにいんねん)」を悟った聖者。悟りの段階としては、菩薩(ぼさつ)の下、声聞(しようもん)の上。◆仏教語。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2021 GRAS Group, Inc.RSS