古語:

開眼の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「開眼」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~5/5件中)

名詞①新たに造った仏像・仏画に魂を入れる儀式。開眼供養。◇仏教語。②転じて真理・道理を悟ること。
名詞①新たに造った仏像・仏画に魂を入れる儀式。開眼供養。◇仏教語。②転じて真理・道理を悟ること。
分類俳句「この道や行く人なしに秋の暮れ」出典笈日記 俳文・芭蕉(ばせう)[訳] 秋の夕暮れどき、一筋のこの道を行く人は絶え、あたりには夕闇(ゆうやみ)が漂って寂しく静まり返っている。鑑賞この句には、俳...
分類俳句「野ざらしを心に風のしむ身かな」出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)[訳] 旅の途中で行き倒れ、白骨を野末にさらすことになるかもしれない。それでも、と決意して旅に立つが、折からの秋風が我が心に、...
分類俳句「古池や蛙(かはづ)飛び込む水の音」出典春の日 俳諧・芭蕉(ばせう)[訳] 春の静けさの中、時折古池にかえるが飛び込む音が聞こえる。その音がいっときの余韻を残し、再びもとの静寂さを取り戻す。鑑...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS