古語:

のざらしをの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > のざらしをの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のざらしを…

分類俳句


「野ざらしを心に風のしむ身かな」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 旅の途中で行き倒れ、白骨を野末にさらすことになるかもしれない。それでも、と決意して旅に立つが、折からの秋風が我が心に、我が身にひとしおしみることである。


鑑賞

『野ざらし紀行』の門出の句で、蕉風(しようふう)開眼の境地に達した芭蕉の、新たなる旅立ちに際しての思いつめたような感とともに、心の高揚が感じられる。句中の「心に」は、「野ざらしを心に(決意し)」と「心に風のしむ」が言いかけられている。季語は「身にしむ」、季は秋。









のざらしをのページへのリンク
「のざらしを」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

のざらしをのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




のざらしをのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS