古語:

しにもせぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しにもせぬの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しにもせぬ…

分類俳句


「死にもせぬ旅寝の果てよ秋の暮れ」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 骨を野にさらしてもかまわないという覚悟で初秋に江戸を旅立ったが、どうやら死ぬこともなく旅寝を重ね、ここまでたどりついてみると、もはや秋も終わろうとしていることだ。


鑑賞

貞享(じようきよう)一年(一六八四)九月下旬、今の岐阜県大垣市に宿泊した折の句。同年八月に江戸を旅立った折の句「野ざらしを心に風のしむ身かな」(『野ざらし紀行』)〈⇒のざらしを…。〉を念頭に置いたもの。季語は「秋の暮れ」で、季は秋。









しにもせぬのページへのリンク
「しにもせぬ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しにもせぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




しにもせぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS