古語:

しはぶるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しは-ぶ・る

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


しゃぶる。


出典猿蓑 俳諧


「魚の骨しはぶるまでの老(お)いを見て―芭蕉」


[訳] 魚の骨をしゃぶるほどまでの老いを見て。



しは-ぶ・る 【咳る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


せきをする。


出典万葉集 四〇一一


「雲隠り翔(かけ)り去(い)にきと帰り来てしはぶれ告ぐれ」


[訳] (鷹(たか)が)雲に隠れ飛んで行ってしまったと、帰って来て、せきをして告げるが。









しはぶるのページへのリンク
「しはぶる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しはぶるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しはぶるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS