古語:

里ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さと-・ぶ 【里ぶ・俚ぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


田舎じみる。


出典源氏物語 玉鬘


「皆見し人はさとびたるに」


[訳] かつて見知った人はみな田舎じみていたので。◇宮廷風の生活になじみが薄く、洗練さを欠く意。[反対語] 雅(みや)ぶ。


所帯じみる。世慣れずにいる。


出典更級日記 宮仕へ


「さとびたる心地には」


[訳] 所帯じみた(私の)心では。◆「ぶ」は接尾語。








里ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

里ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




里ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS