古語:

里住みの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さと-ずみ 【里住み】

名詞

内裏(だいり)から退出して自宅に住むこと。▽「内裏(うち)住み」に対していう。


出典源氏物語 桐壺


「心安くさとずみもえし給(たま)はず」


[訳] 気楽に自宅に住むこともおできにならない。


宮仕えなどをしないで、家庭で暮らすこと。


出典更級日記 宮仕へ


「定まりたらむさとずみよりは、をかしき時をも見聞きて」


[訳] 型にはまったような家庭で暮らすことよりは、(宮仕えの方が)趣の深いことをも見聞きして。


(出家または寺ごもりの意思を果たせず)人里に住むこと。俗世間に住むこと。▽「山(やま)住み」に対していう。


出典蜻蛉日記 中


「人に言ひ妨げられて、今までかかるさとずみをして」


[訳] 人に言われ(出家を)さまたげられて、今までこのような俗世間の暮らしをして。









里住みのページへのリンク
「里住み」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

里住みのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




里住みのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS