古語:

しほだひのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しほだひのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しほだひの…

分類俳句


「塩鯛(しほだひ)の歯ぐきも寒し魚(うを)の店(たな)」


出典薦獅子集 俳諧・芭蕉(ばせう)


[訳] 魚屋の店先に並べられた塩鯛の、むき出しになった歯ぐきがいかにもすさまじく、あたりの寒そうな景色の中でいっそう寒々と感じられる。


鑑賞

ありふれた日常性の中に、厳冬の寒さをみごとに表現した句。芭蕉晩年の軽みへの志向がこうした平淡な表現によくあらわれている。季語は「寒し」で、季は冬。








しほだひののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しほだひののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




しほだひののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS