古語:

しほらしきの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しほらしきの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しほらしき…

分類俳句


「しほらしき名や小松吹く萩(はぎ)すすき」


出典奥の細道 太田神社・芭蕉(ばせう)


[訳] 小松とはなんと可憐(かれん)な地名であることよ。その名の通り、この辺りの野には、かわいらしい小松が生えていて、その小松の上に吹き渡る風が萩やすすきをなびかせて、旅愁を感じさせる秋の景色である。


鑑賞

加賀の国(石川県)小松に至ったとき、その地名に興趣を覚えての句。地名の「小松」に「小さな松」の意をかける。季語は「萩・すすき」で、季は秋。「しほらしき」は正しくは「しをらしき」。








しほらしきのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しほらしきのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しほらしきのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS