古語:

しほのみつの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しほのみつの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しほのみつ…

分類和歌


「潮の満ついつもの浦のいつもいつも君をば深く思ふはやわが」


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


[訳] 潮が満ちる


「いつもの浦」


ではないけれど、いつもいつもあなたのことを深く思うのですよ、私は。


鑑賞

作者も出典も不明の古歌。「潮の満ついつもの浦の」は「いつも」を導く序詞(じよことば)だが、「いつもの浦」がどこを指すのかも不明である。中宮定子(ていし)の父である関白藤原道隆(ふじわらのみちたか)が若き日に、結句を「頼むはやわが」と変えて帝(みかど)に対する絶大の信頼を表明した歌とされる。








しほのみつのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しほのみつのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しほのみつのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS