古語:

しのぶれどの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しのぶれどの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しのぶれど…

分類和歌


出典百人一首 


「忍ぶれど色に出(い)でにけりわが恋は物や思ふと人の問ふまで」


出典拾遺集 恋一・平兼盛(たひらのかねもり)


[訳] じっとこらえていたけれど、とうとう顔色に出てしまったよ、私の恋心は。何を物思いしているのかと人が聞くほどに。


鑑賞

『天徳四年内裏歌合』で、壬生忠見(みぶのただみ)の歌「恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか」〈⇒こひすてふ…。〉と合わせられて、勝ちを得た歌。









しのぶれどのページへのリンク
「しのぶれど」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しのぶれどのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しのぶれどのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS