古語:

しのにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しの-に

副詞

しっとりとなびいて。しおれて。


出典万葉集 二二五六


「秋の穂をしのに押しなべ置く露の」


[訳] 秋の稲穂をしっとりなびくように一面に置く露の。


しんみりと。しみじみと。


出典万葉集 二六六


「淡海(あふみ)の海夕波千鳥汝(な)が鳴けば心もしのに古(いにし)へ思ほゆ」


[訳] ⇒あふみのうみ…。


しげく。しきりに。


出典新古今集 恋二


「あふことはかたのの里のささの庵(いほ)しのに露散る夜半(よは)の床かな」


[訳] 会うことが難しいので交野(かたの)の里の笹(ささ)の庵の篠竹(しのだけ)に置く露のように、私の夜の床はしきりに涙の露にぬれていることだ。








しのにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しのにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しのにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS