古語:

ふるいけやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ふるいけやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふるいけや…

分類俳句


「古池や蛙(かはづ)飛び込む水の音」


出典春の日 俳諧・芭蕉(ばせう)


[訳] 春の静けさの中、時折古池にかえるが飛び込む音が聞こえる。その音がいっときの余韻を残し、再びもとの静寂さを取り戻す。


鑑賞

江戸深川の芭蕉庵(あん)での作という。最初、「蛙」以下の七五を作って上五文字を思案していたところ、榎本其角(えのもときかく)が「山吹や」の案を示したが芭蕉はとらず、「古池や」に定めたという話がある。蕉風開眼の句ともいい、昔から有名な句である。たまさか聞こえる水の音に、閑寂さが強く印象づけられている。和歌の伝統的な「蛙鳴く」という発想を「蛙飛ぶ」とし、「水の音」を句の中心に置いた点に独創性があふれた句である。季語は「蛙」で、季は春。








ふるいけやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふるいけやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ふるいけやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS