古語:

ふることの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふる-こと

名詞

(一)

【古言】


古い言い伝え。


出典日本書紀 神武


「故(ゆゑ)にふることに称(ほめまう)して曰(まう)さく」


[訳] これによって古い言い伝えにお祝いたたえ申し上げて(私が)申し上げることは。


古い詩歌・文章。


出典枕草子 殿などのおはしまさで後


「同じふることといひながら、知らぬ人やはある」


[訳] 同じ古い歌といっても、(この歌を)知らない人はいるでしょうか。


昔話。


出典源氏物語 蛍


「さて、かかるふることの中に、まろがやうに実法(じはふ)なる痴者(しれもの)の物語はありや」


[訳] さて、このような昔話の中に、私のように律義で愚か者の物語はあるか。


(二)

【古事・故事】昔の出来事。また、昔から伝えられる、いわれのある事柄。故事(こじ)。


出典源氏物語 少女


「笛の音(ね)にも、ふることは伝はるものなり」


[訳] 笛の音にも(昔の聖賢の)故事は伝わるものである。◆「ふるごと」とも。









ふることのページへのリンク
「ふること」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふることのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ふることのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS