古語:

ふゆがれのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ふゆがれのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふゆがれの…

分類和歌


「冬枯れの野べとわが身を思ひせばもえても春を待たましものを」


出典古今集 恋五・伊勢(いせ)


[訳] もし我が身を、冬枯れの野と思ったならば、燃え果ててもまた、春を待つのだろうに。(そう思えない私は、冬枯れのまま春を待つこともないのです。)


鑑賞

外出した折に野辺が燃えているのを見て詠んだ歌。野火が枯れ野を燃やし尽くした後、春が訪れる自然のめぐりと自分自身の心をくらべ、恋の炎を燃やし尽くした自分は、もう再び春を待つことはない、つまり若いころには戻れないと認識した歌。「…せば…まし」は代表的な反実仮想の表現形式で、「もし…だったら…だろう」と訳す。「思ひ」の「ひ」に「火」をかけて、「もえて」の縁語としている。









ふゆがれののページへのリンク
「ふゆがれの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふゆがれののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ふゆがれののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS