古語:

ふゆこだちの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ふゆこだちの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふゆこだち…

分類俳句


「冬木立月骨髄に入(い)る夜かな」


出典井華集 俳諧・几董(きとう)


[訳] 冬になってすっかり葉を落とした木々が、冷え冷えと鋭くさえた月の光に身をさらしている。見ていると、冷気が身体の芯(しん)まで突きとおってきそうな冬の夜だ。


鑑賞

「骨髄に入る」と漢詩風に表現することで、凍(い)てつくような冬の寒さを強調した句。季語は「冬木立」で、季は冬。








ふゆこだちのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ふゆこだちのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ふゆこだちのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS