古語:

真の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん 【真】

名詞

真実。まこと。


出典海道記 


「しんを写してもよしなし」


[訳] 真実を写しても無意味だ。


真理。


出典性霊集 七


「しんに帰する夕べ」


[訳] 真理に至る夕べ。


正式。本式。本当。


漢字の書体の一つ。楷書(かいしよ)。真書。


出典大鏡 伊尹


「表の方(かた)には、楽府(がふ)をうるはしくしんに書き」


[訳] 表側には楽府を立派に楷書で書き。



ま- 【真】

接頭語

〔名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞などに付いて〕


完全・真実・正確・純粋などの意を表す。「ま盛り」「ま幸(さき)く」「まさやか」「ま白し」。


りっぱである、美しい、などの意を表す。「ま木」「ま玉」「ま弓」



ま-こと 【真・実・誠】

[一]名詞

真実。事実。本当。


出典徒然草 七三


「世に語り伝ふること、まことはあいなきにや、多くはみな虚言(そらごと)なり」


[訳] 世間で語り伝えていることは、真実はつまらないのであろうか、多くはみんなつくりごとである。


誠実。誠意。真心。


出典徒然草 一四一


「あづま人こそ、言ひつることは頼まるれ。都の人は、ことうけのみよくて、まことなし」


[訳] 東国の人は言ったことは頼みになる。都の人は、返事だけがよくて、誠実さがない。


[二]副詞

実に。本当に。


出典万葉集 二四五


「聞くがごとまこと貴(たふと)く奇(くす)しくも神さびをるかこれの水島」


[訳] かねて聞いていたように、本当に貴く不思議に神々しい姿をしていることだよ、この水島は。


[三]感動詞

そうそう。あっ、そうだ。


出典宇治拾遺 八・三


「まことまこと、ありつる鉢を忘れて、取り出でずなりつる」


[訳] そうそう、さきほどの鉢を忘れて、取り出さないままにしてしまった。









真のページへのリンク
「真」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

真のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




真のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS