古語:

心学の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん-がく 【心学】

名詞

江戸時代の庶民向け生活哲学。儒教・仏教・神道(しんとう)の教えを融合させ、金銭営利を重んずることも肯定しながら、人は各自の本分を生かすことにこそ真の生きる道があるということを平易に説く。享保年間(一七一六~一七三六)に京都の石田梅岩(ばいがん)が唱えた。









心学のページへのリンク
「心学」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




心学のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS