古語:

利発なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

り-はつ・なり 【利発なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


利口だ。賢い。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「この藤市(ふぢいち)、りはつにして、一代のうちにかく手まへ富貴になりぬ」


[訳] この藤市は、利口であって、自分一代でこのように生活は、富も身分も高くなった。


役に立つ。有益だ。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「りはつなる小判を長櫃(ながびつ)の底に入れ置き」


[訳] 役に立つ小判を長櫃の底に入れておき。








利発なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

利発なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




利発なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS