古語:

坊の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ばう 【坊】

名詞

平城京・平安京で、四方を大路で囲まれた一画。


「東宮坊(とうぐうばう)」の略。また、転じて、東宮(=皇太子)。


出典源氏物語 桐壺


「ばうにも、ようせずは、この御子(みこ)の居給(たま)ふべきなめり」


[訳] 東宮(の位)にも、悪くすると、この皇子(=光源氏)がおつきになるかもしれない。


僧の住む所。僧坊。◇「房(ばう)」とも書く。


僧。


出典徒然草 八七


「御ばうは口惜しき事し給(たま)ひつるものかな」


[訳] 貴僧はくやしいことをなさったものだ。◇「房」とも書く。


宿坊。参詣(さんけい)人を泊める所。



ボウ 【亡・坊・房】

⇒ばう









坊のページへのリンク
「坊」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

坊のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




坊のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS