古語:

所得の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しょう-とく 【所得】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

もうけること。得をすること。


出典宇治拾遺 一四・六


「着たりける水干を脱ぎて『これにかへてんや』といひければ、玉の主の男、しょうとくしたりと思ひけるに」


[訳] 着ていた水干を脱いで「これと換えてくれないか」と言ったので、玉の持ち主の男は得をしたと思って。



せう-とく 【所得】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

得をすること。もうけ。



ところ-・う 【所得・処得】

分類連語


よい地位を得る。


出典源氏物語 若紫


「京にてこそ、ところえぬやうなりけれ」


[訳] (明石の入道は)京都にあっては、よい地位を得ないようであったが。


得意になる。


出典徒然草 二三三


「上手(じやうず)めき、ところえたる気色(けしき)して」


[訳] 名人ぶって、得意になっているようすで。


なりたち

名詞「ところ」+動詞「う」









所得のページへのリンク
「所得」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

所得のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




所得のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS