古語:

徳の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とく 【徳】

名詞

道徳。人の道。


出典徒然草 一三〇


「人に本意(ほい)なく思はせてわが心を慰まん事、とくに背けり」


[訳] 他人にいやな思いをさせて、自分の心を楽しませることは、道徳にそむいている。


人徳。徳望。


出典大鏡 道長下


「これはとくいたりたる翁(おきな)どもにてさぶらふ」


[訳] これは人徳が極致に達した老人たちでございます。


天性。長所。生まれつきの能力。


出典徒然草 一二二


「よく味はひをととのへ知れる人、大きなるとくとすべし」


[訳] よく味の具合に精通している人は、大きな長所とすべきだ。


恵み。恩恵。


出典源氏物語 澪標


「神の御とくをあはれにめでたしと思ふ」


[訳] 神の御恩恵をしみじみすばらしいと思う。


おかげ。


出典落窪物語 四


「帥(そち)はこの殿の御とくに、大納言になり給(たま)へり」


[訳] 帥はこの殿のおかげで、大納言になられた。


利益。もうけ。所得。


出典今昔物語集 九・三七


「そのとくおのづからありて」


[訳] そのもうけがしぜんと出てきて。◇「得」とも書く。


富。財産。


出典源氏物語 東屋


「物ぎたなき人ならず、とくいかめしうなどあれば」


[訳] 卑しげな人ではなく、財産も豊かな人であるので。◇「得」とも書く。









徳のページへのリンク
「徳」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

徳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




徳のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS