古語:

霊の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

らう 【霊】

名詞

「りゃう(霊)」に同じ。



りゃう 【霊】

名詞

怨霊(おんりよう)。「らう」とも。



れい 【霊】

名詞

たましい。霊魂。


目には見えない不思議な力を持つもの。



リョウ 【令・両・良・領・諒・霊】

⇒りゃう



たま 【魂・霊】

名詞

たましい。霊魂。


出典徒然草 一九


「亡き人の来る夜とて、たま祭るわざは」


[訳] 亡くなった人がよみがえってくる夜だというので、そのたましいを祭る行事は。


参考

「魂(たま)」は、人や動植物に宿って生命活動や精神活動を営むものとされ、体内から抜け出すこともあり、また、人の死後も存続し活動すると考えられていた。そのため、「魂」が肉体から離れないようにするまじないや、死者の「魂」を招いたり祭ったりする行事も行われた。









霊のページへのリンク
「霊」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

霊のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




霊のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS